稽古した気になっている人と勉強した気になっている人は同じ成長しない人。

他の人の武術の稽古を見ていて思う事がある。

勉強でも武術でも何でもそうだが
同じ時間を掛けて上達したり成長したりする人と
殆ど上達しなかったり成長しなかったりする人がいる。

その違いは、
考えながら自主練習や稽古している人と
ただ単に言われた事をやっているだけの人。

これは勉強と同じで
一週間、毎日一時間
ただ教科書を開いているだけの人と

一週間、毎日一時間10ページずつでも
理解しながら学力を積み重ねている人とでは

一週間後の差が出るのは当たり前で

それは武術や武道の稽古での上達の差を同じ。

これが半年や一年ぐらいになると
差が大きくなってくる。

何も考えずただやっているだけで
成長するものはない。

そんな楽して身に付くものものなどない。

楽して何かを身に付くと
思っている人が多い事に気付く。

成長する人達は、必ず成長するためには
何をすべきかを常に考えながら稽古している。

そういう人は、これから先10年後20年後が楽しみだろう。

あなたは単なる自己満足で成長しない側の人?
それとも積み重ねて成長する側の人?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)