先日の天道流薙刀術の昼稽古。レベルの高い先輩との太刀合わせ。

先日、天道流の昼稽古へ行ってきた。

今回は、天道流のベテランの先輩方と
薙刀術の太刀合わせを行なっていただける事になった。

太刀合わせとは、
下位者の後輩側が薙刀を持ち
上位者の先輩側が木刀を持って
相対稽古をするもの。

普段単独で薙刀を振りまわしていても
自分勝手な動きになり

相手に対して正しく薙刀で戦える動きが
出来ているかが分からない。

それを確認する事が出来るのが太刀合わせ。

天道流薙刀術の初段の技の
太刀合わせを行なっていただき
いろいろ勉強になった事があった。

間合いであったり、
切り込むタイミングであったり、
意識を向ける場所であったり
とても良い稽古になった。

昼の初心者クラスは、
武術としての修行ではなく
単なる運動として来ている人の方が多く
私自身は、武術の稽古にならない事も多いので
武術を稽古する稽古場として違和感がある。

今回は、天道流のベテランの先輩方が
相対稽古して下さったので良かった。

夜の時間帯まで
先輩方から教わった事を繰り返し自主練習して
動きを修正しておこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)