先日の剣道で思った事。使いたい技が実技審査で使えない技ばかり。)

最近は実技審査用の稽古(基本を重視した試合形式のもの)
ばかりで地稽古が無いため、戦いにくい。

自由に戦う事で自分の持ち味が生かせるので
「基本に忠実に」ばかりを考えてしまうと

「これ基本技で使っていいのかな?」と
考えてしまい上手く戦えない。

考えてみたら地稽古や
試合に勝つためしか考えていなかったため

先生に試合で勝つために
教えていただいた技で自分が使おうとしている技は

・担ぎ面
・巻き技
・飛び込み面
・飛び込み胴
・逆胴
・片手面打ち
などで

構えも右上段の構えや左上段の構えなど

考えてみたら実技審査で基本技に
見られない技ばかりだった。

フェイント技も良くないみたいで
「じゃどうやって戦うの?」みたいな状態。

考えれば考えるほど技が出ないので
打たれまくり

もう少しで昇段審査なので
実技審査用で戦いたい所だが
もう我慢出来ないので
次回の稽古から 今まで通り打ちまくろうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)