続いている身体の不調と稽古量。私の場合、鍛え過ぎて丁度良い。

少し前から身体の不調が続いている。

剣道で指や肘、腕の打僕などは日常茶飯事だが

それ以外に筋肉や筋の影響での
両腕や手首、指の痛みが中々取れず
いろいろ試したところ

どうやら私の場合、稽古量を増やし
運動量が多過ぎる位で丁度良い。

逆に身体を労わって休ませたり
運動量が少ない時の方が 身体の痛みが出やすい。

それと血液検査をする機会があったので
やってみたら普段も問題ないが

運動量が少ない時よりも
運動量がかなり多い時の方が
数値的にも良くなっている。

身体を労わって自主練習などの
運動量を減らしている時には
(それでも普段から週3~4日ぐらい  
  武術や武道の稽古に行っているので  
  普通の人よりは多いけど)
運動量をもっと増やすように医師に言われていた。

よく適度な運動が大切と言われているが
私にとっては一般的な適度な運動では足りないようだ。

やっぱり十代の頃から
毎日のように一日3時間から5時間稽古や練習し
次の日、毎日筋肉痛で動けなくなるぐらい
武術や武道で鍛え上げる生活を続けていたため

それが自分にとって健康を保つために
必要な運動量になってしまっているようだ。

腕や手首、指の痛みなども
武術や武道の稽古中は殆ど出ない。

むしろ身体を労わらず目一杯動かしている方が
動きが良いぐらいだ。

稽古以外の時には、
少し動かしただけでも
変に痛みが出るにも関わらず・・・。

もう今日から身体を労わるのは、やめて
鍛える。というよりは、
鍛えまくる事を心がけようと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)