先日の天道流薙刀術の稽古。太刀の稽古の復習。

先日、天道流薙刀術の稽古へ行ってきた。

少し前から始まった
天道流の薙刀術を受ける太刀側の稽古。

宗家からいろいろお話があり
「覚えるのに時間が掛かる人でも
根気良く育てていく事が大切」と
お話され考えるところもあって
少し周りへの対応を考え直す事にした。

今日は、 今まで木刀すら握った事が
無い人ばかりの中での
木刀を使った稽古で中々進まないので
正直「このままいつまでも進まないのかな?」
と少し気になりながらの
稽古で集中出来ていなかった。

だがそんな事考えていても
しょうがないので

一般的な刀や剣術の知識としての
刀の抜き方
木刀の握り方
木刀の持ち方
構え方
構えの意味
木刀の振り方
足捌き など

天道流の事というより
それ以前に必要な
一般的な木刀を扱い方の説明や
一般的な剣術の知識や足捌き、
剣術や剣道で刀の扱い方の上達に
繋がる練習方法として多くの人が
行なっている練習方法などを説明しながら一緒に稽古した。

すると少しずつ出来る人が増えてきた。
基本よりも先に基礎の部分が
とても大切という事が改めて思う。

天道流に関する事は先生しか指導出来ないが
先生の指導時間の負担を少なくするために
補足として

一般的な刀や剣術や武術の基本知識などは
一緒に稽古している人に位は
説明していこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)