本日の第67回 全日本剣道選手権大会。全日本剣道連盟のHPの動画で。

本日、大阪で行なわれた剣道日本一を決める
第67回 全日本剣道選手権大会。

見に行く予定だったが急用が入り行けなかった。

帰って来て全日本剣道連盟のホームページを見ると
本日、行なわれた試合の決勝戦の動画が
見れるようになっていた。

下記のホームページ

第67回 全日本剣道選手権大会 全日本剣道連盟 AJKF

見てみると
優勝が国友 錬太郎さん 福岡県29歳 五段 福岡県警
ニ位が松崎 賢士朗さん 茨城県21歳 四段 筑波大学3年
の二人の決勝戦で最後に小手が決まり試合終了だった。

21歳大学生で全日本剣道選手権大会に出場も凄いが
決勝まで進むところも凄い。

そういえば全日本剣道選手権大会で
最年少21歳で優勝した竹ノ内 佑也さんも
確か筑波大学だったはず。

剣道って段位が上だったり経験年数が多い方が有利だ思うが
ただそれだけで勝敗が決まるとは限らない。

勝負は、やってみないと分からない。

経験年数が少ない人が
自分より経験年数が多い人を倒す場合もあるし

低段者が自分より高段者に勝つ場合もある。

だからこそ試合の時、相手がどれだけ強くても
最後まで諦めてはいけないし、

「絶対に勝つ!」という気持ちを持ち続ける事が大切だと思う。

最近どんどん剣道への
モチベーションが上がってきている。

次の剣道の稽古日が
とても楽しみだ(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)