先日の剣道の稽古。大会後の稽古。改めて思う正確な動きの大切さ。

先日、大会後始めての剣道の稽古へ行ってきた。

今回は、珍しく初心者クラスが
私一人で他は全員休みということで
有段者の人達と稽古させていただくことになった。

今回一緒に稽古して下さった先輩は
お二人とも剣道二段で打ちも正確で鋭い。

いつもの先生もお休みだったこともあり
別の先生の指導の元、
普段よりも 細かな部分まで心掛けながらの稽古になり

例えば切り返しなど流れで行なうのではなく
一動作ごとに正しく丁寧に動作出来ているかを確認しながら
進んで行く感じで多くの事が勉強になった。

早くても適当だと意味が無い、
それならゆっくりでも正確な動作の方が良い。

普段の稽古で雑になっていたところが
かなり格上の先輩方との稽古で修正出来たので良かったと思う。

手首の痛みが完全になくなったら
道場での剣道二刀流の稽古を始めようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)