剣道で思う事。打って反省打たれて感謝。この意味が今なら分かる。

剣道をやっていて
自分で打った技が綺麗に入った時の事は覚えていないが
上手く打てなかった時の事は、よく覚えている。

稽古の後、稽古仲間に
「今日も中々綺麗に入らなかった」
と話をすると

「え!入っているよ、何回も」
と返ってくるがよく覚えていない。

それと相手に上手く打たれた時の事も
よく覚えている。

上手い打たれ方をすると打たれながら
「この打ち方上手いな~、  
 こんな打ち方出来ると良いな~  
 参考にしよう」
と感心するし勉強になる。

私は、試合中でも
「この人、上手い打ちをするな~」と思ったり
「この人、受け方が上手いな~」と感心する事がある。

試合中にそんな事考えている場合じゃないけど・・・。

他の人の話を聞いても
自分が打った綺麗な打ちの事は覚えておらず

自分が上手く打てなかった打ちや
相手から上手く打たれた打ちの事は
よく覚えている人が多いようだ。

これが 「打って反省打たれて感謝」
という言葉の意味だと最近気付き始めた。

だからどんどん上手い人を相手に
打ちまくって打たれまくろう。

そうすれば
どんどん攻撃技術も防御技術も磨かれていく。

そういう中で多くの人達が成長して
剣道の達人になったのだと思う(^-^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)