先日の剣道の見学。強くなる人達の稽古を見て思った事。

先日、道場は同じだが
普段稽古している剣道教室とは
別の時間帯に行なわれている教室の見学に行った。

先日の試合の状況を踏まえて
今みたいな単なる趣味みたいな事を繰り返していても
大きく上達する事は望めない事が分かったので

楽しい!あんまり疲れない!の
生ぬるい剣道から

本当に強くなるための剣道に変えていこうと思い
気持ちを引き締めて見学へ行った。

見学し始めて思ったのが最初から道場の空気が違う。

そもそも稽古に対する姿勢が違う。

全員が必死に強くなるために
頑張っているのが誰が見ていても伝わるほどだ。

今まで自分がやっていた事は
何なんだったんだろうと改めて思った。

技術的な差も大き過ぎる位だが
それ以上に稽古に対する姿勢から
伝わってくる緊張感のある感覚が
とても良い感じだった。

そういう感覚は少し自分の中で
忘れていた事だったような気がする。

大人になると何か運動する時に
「ケガしないように」とか
「あまり疲れて次の日に響かないように」とか
そんな事ばかり気にして
必要以上に安全に稽古しようとしたり
疲れが次の日に残らない程度の楽な稽古をしようとしたり
そんな事に意識が行ってしまいがちになる。

でもそんなこと考えている時点で
毎日のように必死に稽古を積み重ねている人達には
勝てないだろうと稽古を見ていて思った。

すぐには予定が付かないが近々強くなるために
必死に稽古している人達の時間帯へ参加する事を
見学の最後に決めた。

来年の試合の事もあるので
これからは強くなるために剣道に拘っていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)