剣道で思う事。ある先生から教わった。丸一日の稽古より一試合。

以前、ある先生から教わった事がある。
「丸一日稽古するより  
 一試合、試合に出る方が学べる事が多い」と。

一見、丸一日中稽古する方が上達するような気がする。

でも試合に出てみて改めて思った。

稽古後より試合後の方が反省点が多い事。

稽古は、こなせばこなすほど頑張った感があり
それは自己満足も含まれているので
出来ていない所を考えるより
「今日の自分って頑張ったな~」
で終わってしまう事もある。

でも試合は、
試合中には「何で稽古で出来てた事が出来ない?」とか

試合後には試合中、稽古で出来ているが出来なかった事、
試合でやろうと思っていたが出来なかった事、
相手が自分が知らない攻撃の仕方や
防御の仕方をした事など

気付く所や反省する所がいろいろと分かる。

これは道場で同じ道場生と
地稽古や試合形式の稽古をしても
分からない所だと思う。

勝てるかどうかは関係なく
「丸一日の稽古より一試合の方が学べる事が多い」を

よく自覚しながら出来るだけ
試合に出られる機会があれば出ようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)