剣道で思う事。居合から剣道へ変えた理由。型稽古だけでは・・・。

剣道の先輩に居合の高段になった後、
剣道の転向した人がいる。

その人は、
「型稽古では本当に戦えるか戦えないか、  
 強くなったか強くなってないかが分からないが
 剣道ではハッキリ分かる。  

 それに型稽古だけだと自分が強くなったとか
 戦えるようになったとか勘違いしてしまう場合がある。」
と言っておられた。

私も居合をやっているし、
型稽古も剣道にもあるので刀での戦い方を理解するのに
型稽古が大切な事は良く分かる。

ただ自由に打ちあう剣道は、
居合の人も剣術の人もやった方が良いと思っている。

これは居合・剣術・剣道の
どれが良くてどれが良くないの話しではなく
お互いが相互補完する所があるからで

より刀での戦い方を理解したり
剣の理を理解するために大切な事だと思う。

私が学んでいる戸山流居合にも
元剣道を学んでいた人や
今も剣道をしながら戸山流居合を学んでいる人もいる。

居合は、刀を腰に差した状態で襲われた時に
瞬時に戦い方が学べるし、

剣術は、刀を抜いた後、
様々な刀での戦い方が学べるし、

剣道は、技が面・小手・胴・突きと
打突部分は限定されるが
どこを攻撃されるか分からない状態での
攻防が学べるし、

実際、同時進行で学んでいる人も多いと思う。

剣道で試合に出てみて分かったが
相手が強いか強いかも分からない、
技が上手いか上手くないかも分からない、
攻撃的な戦い方をするのか
防御しながらの戦い方をするのかも分からない、
どんな技を使ってくるかも分からない、

そんな状況での攻防には、
不安、緊張、迷い、動揺など
心理的圧迫があるようで
(あるようでと言うのは私には無いので)

それで一方的にやられたり、
動けなくなったりする事もあるとの事。

それに限定された中での人達だけでなく
幅広い多くの人と剣を交える事が可能なので
いろんなタイプの人との攻防の中で学べる事が多いと思う。  

と言う訳で居合を学んでいる人も
剣術を学んでいる人も
是非、剣道を始めてみてね(^-^)

本当に面白いよ(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)