先日の剣道の試合。初めての事が多く課題が山のように。

先日、剣道の試合に参加した。

初めての剣道の試合で同じ道場の人と
一緒に参加する事になった。

私は初段以下の部で試合に出て結果
第一試合、引き分け
第二試合、スタミナ切れになったところで
一本取られて負けになった。

今日は、試合して感じた事を書いてみようと思う。

思えば、時々だが居合や剣術をやっていて

実際、剣を交えた時にはどうなる?であったり、
形稽古だけでなく実際に自由に技を出し合う試合だと
どれぐらい通用する?など、

それだったら実際に剣道を始めて試合に出てみようと
思ったのがキッカケだった。

試合当日は、現地までスクーターで移動して
バイク駐輪場から試合が行なわれる体育館へ向かい
同じ道場の人と待ち合わせで会って
一緒に体育館へ行った。

受付1時間ぐらい前に体育館へ到着したが
もうかなり人が沢山いた。

剣道着に着替え、防具を持って
会場へ行き、少ししたら全体での自主稽古が始まり
試合が始まる前から多くの人が盛り上がっていた。

試合が始まり初段以下の部から
二段の部、三段の部と試合が進んだ。

剣道初めて実質7ヶ月、4月~8月まで入退院や
リハビリの繰り返しで
まともに稽古を再開できたのが9月で
それから1ヶ月ぐらいで試合に臨んだが
週一回、剣道形の稽古1時間、
基本打ち地稽古1時間程度では、正直かなり厳しかった。

(一ヶ月に基本打ち地稽古4時間では明らかな稽古量差が・・・)

他の人達は週に何回も稽古しているぐらい
動きが洗練されている。

実際、それぐらい稽古しているのだろう。

試合は後の方だったので
待ち時間が2時間ほどあり他の人の試合を見ていたが
本当にスピードも早く打ちも強い。

初めての剣道の試合だったので
緊張するかと思ったが意外とそれはなかった。

自分の試合の番を会場の横で待つ間、
いろいろ考えていたが緊張したり焦ったりはなく、
どうやって戦うかだけを考えていた。

試合が始まり、打ちあいになったが
3分たっても勝負が付かないので
第一試合は引き分けになった。

第二試合がすぐに始まり呼吸がかなり苦しい中での試合で
途中でスタミナ切れになったところで
面を打たれて時間一杯3分で
一本取られて負けになった。

試合で戦っている時、
呼吸が苦し過ぎる事と腕が上がらなくなってきた。

基礎体力と基礎筋力を鍛える事を
最近サボっていたので
それがそのまま試合に出てしまった。

でも不思議と試合自体は楽しかった(^-^)

ただ自分への課題が沢山出来た。

まずスタミナ切れを克服するために心肺機能の強化。

それが第一。

技がどうこう以前に心肺機能が弱過ぎると何も始まらない。

何カ月もの入院生活で寝たきりの状態が多かった時
筋力もかなり弱ったが
それ以上に心肺機能がかなり弱ったようだ。

だからまずは心肺機能から鍛えるために
・ランニング
・坂道ダッシュ
あたりから始めようと思う。

ちょうど山の上の方に住んでいるので
周りは坂道、ダッシュ出来る場所は
いくらでもあるしランニングも出来る。

最近、スクーターでの移動が多かったが
買い物も自分の足で走っていくようにしようと思っている。

山の麓まで下りは歩いて山の上に向かっては、
ランニングとダッシュの繰り返し
それをするとかなり心肺機能が鍛えられそうだ。

あとは竹刀を振り続ける基礎体力や
無駄に疲れない竹刀の振り方の技術の向上を
行なっていこうと思う。

次回の試合も近く、
今度は三段以下の部の試合に出るので
今回よりも手強い相手が多いはず、

それでも頑張っていこうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)