複数の流派や複数の武道の掛け持ち。選ぶのは、あなただよ。

私は複数の流派や複数の武道を学んでいる。

それに対して興味を持っていろいろ聞かれる場合と
明らかに嫌悪感を持たれる場合がある。

まあ全く気にしないが。

以前は、嫌悪感を持たれイヤミを言われたり
別で学んでいる流派や先生などの事で
あからさまに貶されたりして
揉め事になりそうになった事があったが
今はそういう事も少ない。

世の中には様々な武がある。

武を学んでいる人達の多くが
身を守るために強くなりたいと思っているので
自分が今、学んでいる流派や武道以外のものにも
興味を持ったり
実際にやってみたいと思っても不思議ではない。

というよりむしろその方が極自然。

一つの流派や武道に思い入れのある人や
先生に思い入れのある人は、
別の流派や武道を学ぶ事に躊躇している場合が多い。

実際そういう人の方が多い気がする。

それはその人がその人の人生で選んでいる事だから
良いんだけれど他人のために自分がやりたい事を
やらずに人生が終わっても良いのかな?と思う。

私は、その時に稽古に入っている流派や武道の時間には
休憩時間の雑談などや先生に聞かれた時以外には
別の流派や別の武道の話しはしない事にしている。

それがその時、学んでいる流派や武道の稽古の
妨げになる場合がある事を理解しているからだ。

そもそも他の流儀を持ち込まないと言うのが
基本姿勢としてあるし
その時に、学んでいる流派や武道を
集中して身に付けたいというのが正直な気持ち。

自分が学ばせていただいている先生の指導を
邪魔する気持ちは、全く無いし
それはしてはいけない事だと思っている。

当たり前だけど。

それでも武の修行も
自分の大切な人生の時間を使う訳だから
身にあるものにしたいと常に思っている。

複数の流派や複数の武道を
実際の学ぶ事で分かる事は多い。

武の理合や身体動作の共通点など。

動画を見たり本を読んだしていても
実際に自分で学んでみたら全然が違ったり
動画や本では分からない事が分かったりする事が多い。

最終的に複数を学ぶ事を選ぶかどうかは、
あなただけど、学びたい事があれば
どんどん迷わず学びに行った方が良いと思うよ(^-^)

人生の時間は限られているのだから・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)