先日の合気柔術の稽古。一カ条居捕など。燃えていた以前を思い出す(^-^)

先日、合気柔術の稽古へ行った。

毎回、前回の復習と新しく違う事をやるので結構面白い。

歩法や膝行、受け身、当て身の突きや正面打ちや側面打ち、

あとは体捌きで棒を避ける練習などをし
その後、大東流合気柔術の一カ条居捕の技を2つ稽古した。

とても懐かしい(^-^)

相対のやり方などは、以前とちょっと違うが
前に習っていた時と同じ技なので技をやればやるほど
スムーズに身体が動くようになっていく。

私の体術の原点は大東流合気柔術なので
身体動作がとてもしっくりくる。

その時の事を思い出しながら
ちょっと書いてみようと思う(^-^)

思えば一番、体術の探究に燃えていた頃
学んでいたのが大東流合気柔術で
週に3日~4日稽古へ行っていた。

最初に習う時に先生に
「大東流合気柔術で一人で多人数相手に戦って  
 倒せるようになりたいので厳しい稽古をして下さい!」
と血の気の多い事を言っていて

(まあ稽古が始まって10分ぐらいで  
 余計な事言わなきゃ良かったと後悔したけど(^-^;)

毎回、稽古の度に30~40分投げられまくりで
(受け身が苦手で頭のてっぺんや首や肩から  
 畳に叩きつけられていたが  
 それもで平気な顔して立ちあがってたけど  
 本当に元気な身体だった(^-^)

関節技も折れる寸前まで極められまくりで
(関節技を極められと畳みを叩いて合図するが  
「まだまだ~」と言いながらさらに関節を極められ  
 関節技を解かれた後も1分位関節が動かないぐらい)

正面打ちも(空手の手刀打ちみたいなもの)
「思いっきり打て!」
と言われていたので

打たれる相手も打つ自分も
手首や腕が打撲で青あざだらけで稽古が終わる頃には、
ボコボコになっていた。
(自分から厳しくしてくれと言ったので  
 「やっぱり優しくお願いします!」とも言えず(^-^;)

技の稽古の際に
相手の手首などを抑える時も
「相手が全く抵抗出来ない位、  
 全身の筋肉を使って思いっきり抑えろ!」
という感じだったので

毎回、稽古の次の朝は首から下が全て筋肉痛で
起きるのに30分位かかり、
筋肉をほぐしながら少しずつ
筋肉を動かしながら起きるようにしていた。

養神館 合気道の塩田剛三先生の書籍に
警察の機動隊に合気道を1年で集中して指導する時、
みんな稽古の後は疲れ果てて、まともに歩いて帰れないほど
鍛えると書かれていた。

その事は、とてもよく分かる。

目一杯、大東流の稽古するとそうなる。

腕は打撲でボコボコ、全身筋肉痛
毎回そんな感じまで鍛え上げていた。

それがあってか
先生から早い段階で有段者の人達の
稽古に参加するように言われ
痛い思いをしながらも理合の理解や技の掛け方のコツを
どんどん身に付けて行く事が出来
さらに頑張っていた。

同時期には、忍法体術やフルコンタクト空手の道場へ通い
身体動作の違いや戦い方の違いを比較しながら探究していた。

あの頃が懐かしい(^-^)

ただひたすらに、
「一人で多人数相手に戦って倒しきる!」
それだけを追い求めて鍛えまくっていたあの頃を。

ここ数年、甘い環境で稽古していたので
そういう感覚が鈍っていた気がしていた。

だけど今、 その頃の意識や感覚、
身体操作能力に戻りつつある。

おそらく近々参加する剣道の試合で
完全に元の自分に戻るだろう。

鍛え上げてきた武の能力全開で戦える武術家に(^-^)

あ~楽しみだな~試合(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)