剣道の戦い方に拘りすぎる必要はない。元々の自分に戻る。

何事も基本は大切だが稽古に真面目に
取り組み過ぎるところがあるので
「これはこう何だ」と固く考え

その事で視野が狭くなってしまう事もある。

剣道をやっている時もそうだ。

剣道の動きに拘り過ぎるせいで
逆に動きがスムーズに動かなくなったり
中途半端な動きになったりしている事もある。

(もちろん剣道なので
剣道の動きをしないといけないのだが・・・)

本来、居合と剣術と剣道を融合させて
剣の理で一人の剣術家として
剣道のルールの中で戦うつもりで
剣道を始めたのだが
その事を忘れていた。

剣道のルールの中で勝てれば
居合や剣術の理や身体動作を使っても
問題ないだろうから

もう少し心に柔軟性を持って
稽古へ取り組もうと思う。

剣道は試合は
本来、刀での戦い方の試し合いという試合だから(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)