スポーツ剣道では斬れなくても武の剣道では斬れる。

よく剣道の人は刀で物が斬れないという人がいるが
それは勘違いで

居合の人でも剣術の人でも剣道の人でも
斬れる人は斬れるし斬れない人が斬れない。

それが現実。

剣道の人でも物が斬れる人がいるというのは

試し斬りが得意な私の居合の先生から
教わった刀の振り方と

武の剣道を探究されている
私の剣道の先生から教わった竹刀の振り方と
全く同じだからだ。

居合と剣術と剣道。

一見、表面的には理が違うように見えても
実際には理が共通である。

その事に気付くと
スポーツ剣道から武の剣道へ進化出来るのだと思う。

居合も剣術も剣道も
刀で戦う技術である事に間違いない。

これからは、居合+剣術+剣道の共通の理を使って
地稽古や試合で剣の理を探究しようと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)