スポーツ剣道と武の剣道。剣道は当て合いではなく読み合いという心理戦。

先日、剣道の先生とお話をしていて言われた事がある。
「剣道は、単なる当て合いではなく読み合い、  
 スポーツみたいに単に打ちあったり当て合ったりしてても  
 刀で斬れないだろう」と。

単にガチガチ打ちあったり
単に当て合うのはスポーツ剣道であって
武の剣道は、お互いの心理を読み合い
一撃で倒すものという事。

そもそも沢山、打ち込んだところで
疲れるだけで一本にならない。

私自身、単なる打つ事での
自己満足になっているだけだった。

剣道の試合で竹刀が触れ合う状態で
殆ど動かない試合がある。

それは読み合いをしているからだ。

相手の心を読み、惑わし、誘い込み、動かし、
相手が動く瞬間を読み
先に動いて一撃で倒す。

剣道は、その心理戦が一番の面白味との事。

今までは 相手を打ち負かせば良い、
みたいな剣道をしてたが

そういう戦い方の楽しみながら
あるのだな~と言う事が分かった。

剣道の稽古をしている時に
とにかく自分で動きまわって
自分で疲れて体力がなくなり
息切れをして弱って動けなくなる、
を繰り返していたが

それは自己満足にしかならないような
無駄な動きをしていたのかも知れない。

そう言えば剣道の達人の人ほど無駄な動きをしない。

でも強い。

高齢の剣道の先生でも物凄く強い先生はいくらでもいる。

最後に、
「心理戦という意味では剣道も  

 異性との恋愛も同じ  

 強引過ぎても一方的過ぎてもダメだろう。  

 相手の心理を読みどう動くかが大切(^-^)」
と言われた。

強引で我儘の性格の私には
妙に納得出来るところがあった(^-^;)

相手の心理を動かしコントロールし
相手に不利な状況を作りだし
自分に有利な状況で戦う事は
武術も同じなので勉強になったお話だった。

私の所属している剣道の団体には
範士教士錬士の称号を持つ
剣道の達人の先生方が沢山おられる。

いつも先生方に感謝しながら
どんどん勉強させていただこうと思う。(^-^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)