天道流薙刀術の稽古で気付いた事。流派のためではなく自分を鍛えるために。

天道流の稽古の中で気付いた事がある。

今まで流派全体のためにであったり、
流派が繁栄して行く為に、
自分が最大限出来る事を考えながら行動していたが
それが時間の無駄だと言う事に気付いた。

私は流派の組織の長でもなければ指導者でもない、
ただの一修行者として参加している訳だから
余計な事を考える必要がない。

今まで仕事などで人の上に立ったり、
人を指導する立場が多かったせいか、
所属する組織や団体の全体が成長するためには、
どうしたら良いか
そのために自分が出来る事は何か
という事を常に考えて行動してしまう傾向にある。

だからこそ周りの人間の言動や振る舞いが気になり、
まともに稽古へ取り組む姿勢が出来ていない、
遊び半分で稽古に参加している人間の事が
ストレスになっていた。

でもそれはよくよく考えてみると
私が考えるべき事ではないし
その必要もない。

組織の長が考えたり
指導者が考えれば良い事であって
もう余計な事は考えず、自分の修行に集中しようと思う。

それに大人になって、
まともな行動が出来ないような人間に
何を言っても時間の無駄という事にも気付いた。

先生方や先輩方が
子供には正しい行いが出来るように注意しても
大人に注意しないのは時間の無駄という事が
分かっているからだという事も最近分かってきた。

これからは様々な試合などに出て
自分が身に付けつつある
武の身体操作方法を試していく為に忙しくなる。

まともな言動や行動、振る舞いの出来ないような
余計な人間には関わらないようにして
自分を鍛える武の修行に集中して
自分を高めて行こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)