先日の久々の伝統空手の稽古。初めての糸東流空手。

先日、久々に伝統空手の稽古へ行ってきた。

伝統空手は本当に久々。

それに糸東流空手は初めてで楽しみにしていた。

初めてだったので初心者クラスに参加した。

準備運動や柔軟運動から始まり、
礼法(立礼、正座、座礼)
立ち方(閉足立ち、結び立ち、平行立ち、八字立ちなど)
を教わり

キックミットで蹴りをしたり

正拳突きや上げ受け、中段外受け、下段払いなどの
受け技を中心に稽古した。

それと空手の特徴である
身体の場所による武器としての名称の

正拳、裏拳、平拳、拳槌、一本拳、
手刀、背刀、掌底、背手、貫手、
手腕、背腕、内腕、外腕、
肘、上足底、踵、足刀、背足、
膝などの説明があった。

初心者クラスは子供がかなり多かった。

空手の教室は、どこでも子供が多いようで
大人の生徒は、子供のお父さんやお母さんが多いようだ。

空手の動きが久々だったので
結構楽しかった。

次回も楽しみにしようと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)