手の先から足の先まで身体全体を意識しながら稽古してみよう。

素手で戦う体術でも
武具で戦う武器術でも手や足など
細かい事を言えば全身で使って戦う。

戦うための技を
いろいろ覚えるのも大切だけど
ただ技の練習をするのではなく

手の先から足の先まで身体の感覚を意識しながら
練習する事が大切。

骨や筋肉の動き、皮膚の感覚、重心など。

最初は技の順番を覚えるので精一杯かも知れないけど
その次の段階として身体全体へ
意識を向けながら練習してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)