先日の薬丸自顕流剣術の稽古。久々の稽古で満たされる(^-^)

先日、久々に薬丸自顕流剣術の稽古へ行ってきた。

暑さも少しマシになり、
稽古場も風が吹くと涼しい位になっていた。

久々だったので稽古前に振りや持ち手などを
確認しながら稽古へ参加した。

最近は、武術家の友達からもらった、
重た目の木の棒を家で振り自主練習している。

同じ棒で
薬丸自顕流剣術の振り
戸山流居合の振り
剣道の振りを行なっている。

それぞれ持ち手や振り方が異なるので
時間帯を変えて振るようにしている。

それが今回の薬丸自顕流剣術の稽古で
生きてきたようで打ちの強さが前よりも増していた。

やはり日頃の自主練習の積み重ねは大切だと実感した。

元々かなり飽きっぽい性格なんだけど
やる気のスイッチが入ると
何時間でも同じ事へ集中し続ける事が出来るので
どうやってやる気のスイッチを入れるかを
いつも考えている。

例えば武術や武道であれば
関連するマンガや本を読んだり
動画や映像を見たりいろいろと
自主練習の前には
モチベーションを上げる事をするように心がけている。

武術や武道の稽古場へ行く時も
車の中では穏やかな音楽を聴く事が多いが
稽古場に着く10分位前からは
アップテンポの早い音楽を聞きテンションを上げて行く。

あまり早めにテンションを上げると
運転へ影響が出るのでそこは気を付ける(^-^;)

稽古場に着いた時には、
かなりやる気が出ているので
稽古が始まる前から自主練習にも力が入る。

私は大体、どの武術や武道の稽古も
稽古が始まる1~2時間前には稽古場へ行き
自主練習を1~2時間行なってから
稽古へ参加するようにしている。
(稽古が始まる頃には、
体力的に若干弱っている事もあるけど
稽古へのモチベーションは全開になっている(^-^)

ウォーミングアップでもないけど
剣道の先生も御自身の稽古が始める前に
「稽古へ参加する前、
今日の自分がどれだけ正確に剣道の動きが出来るか
自分の身体の動きをチェックしてから
稽古へ臨むようにしている」
と言っておられた。

稽古へ臨む姿勢も
稽古へ参加する前に作っておられるようだ。

私も、そういう考え方が好きだ。

だから私もそうしている。

そもそも武術や武道が好きだから
稽古場で自主練習しているだけでも
段々テンションが上がってくるけどね(^-^)

今回の薬丸自顕流剣術も
かなり自分が満たされた。

思いっきり走り思いっきり打ち込む。

そんな事、日常生活でも中々出来ない。

私にとって薬丸自顕流剣術は
自分の心のリミッター(ブレーキ)を外すのにも
とても大切な稽古だ。

手加減一切無し、
全力でフルパワーフルスピードで行なう
薬丸自顕流剣術の稽古は、とても魅力的だ。

毎回稽古が楽しみで
次回の稽古も楽しみに待ちたいと思う(^-^)

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)