先日の天道流薙刀術の夜の部の稽古。久々の全体相対稽古。

今回、夏の稽古の一区切りとの事で
夜の時間帯はベテランの先輩方との
相対稽古が行なわれた。

天道流も競技なぎなたも
数十年のベテランの先輩方は、
やっぱり凄い!

何が凄いかというと技や身体動作も
もちろんだが木刀を構えた時や
木刀を振りながらの相対稽古の時に気迫が凄い。

普段はお淑やかな先輩方だが
相対稽古の初めの礼法で気迫が出始め
木刀を構えた途端、
急激に武術家としてのオーラが出る。

昼の部の稽古との決定的な違いは
ここにあるのだと毎回思う。

今回は二人の先輩に相対稽古を行なっていただき
自分で気付く事や指摘された事があるので
次回の稽古までに修正するようにしようと思う。

夏の一区切りの稽古で普段よりも
勉強になる稽古が出来、
先生や先輩方に、
とても感謝の気持ちで一杯(^-^)

少しの間、多くの稽古が夏休みになるので
筋力・体力・感覚・意識を強化するための
トレーニングに入ろうと思う(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)