先日のなぎなたの稽古。振り返しと仕掛け応じ。

今回は、稽古が夏休みに入るため最後の稽古だった。

改めて振り返しが正確に行なえる稽古が行なわれた。
振り返しは、真上から振り下ろす動作だが
身体の開きと手の動きを上手く連動させないと
斜めに振ってしまったり、
横から持ち上げる動きになってしまうので
初心者の人達が結構戸惑う動き。

競技なぎなたを多少習っている人でも
毎回正確に振り返しが出来ているかというと
必ずしもそうでは無く、
ごまかしが効かない動きなので
かなり稽古を積み重ねないと毎回正確な動きが出来ない。

私もまだ正確に出来たり
出来なかったりを繰り返している方なので
まだまだ稽古の積み重ねが必要だ。

それと今回稽古の後に先生方と
少しをお話をしていたところ
仕掛け応じの話しになり

私自身は型稽古の仕掛け応じには、あまり興味が無く
どちらかと言えば防具を付けた試合の方に興味があるのだが
先生とのお話の中で

仕掛け応じは、正確に行なうだけでなく
人のよって理合を理解して
味のある仕掛け応じをする人がいるとのことで
それは見る事が見れば分かるとの事。

それをお聞きし少し仕掛け応じにも興味が沸いてきた。

「ただ試合のための技の練習で正確に出来れば良い」
ぐらいにしか考えていなかったが

「見ている人を魅了する味のある
仕掛け応じが出来ると格好良いかな!」
と考えると仕掛け応じも楽しめそうだ。

最近、表面的な実戦力や破壊力ばかりに目を向けていたが

本来、武の技術は理合や理論を理解した上で
それを身体で表現することで
本当に力を発揮するので
今まで以上に理合や理論の理解にも
力を入れていこうと思う。

先生方のお話の後、
快い気持ちで武道館を出る事が出来た。

夏休み明けの次回の稽古の時には
新たな気持ちでなぎなたの稽古が出来そうだ(^-^)

天道流もなぎなたも
素晴らしい先生方や先輩方に
御指導いただいているので
いつも感謝している(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)