稽古は遊びではなく、道場は遊び場ではない。大人が特に。

最近、思う事がある。

稽古する道場を遊びに来る場所だと
勘違いしている大人達がいる。

本来、武術でも武道でも遊び半分でやっていると
大ケガをするので真剣に取り組むのが当たり前で
昔は厳しかった道場でも段々生徒が続かないなど
とにかく人が集まれば良いという理由で
楽しければ良いみたいなところもある。

子供の頃であったり長年武術や武道の稽古へ
参加して来た人達から見れば

「は?道場は遊びに来る所じゃないけど?」
「稽古は、遊び半分で参加するもんじゃないだろう」
と言いたくなる状況を見る人も多いと思う。

「武道を習っている子供達を見習えよ!」って・・・。

多くの人達は、周りの雰囲気を見ながら
真剣に稽古へ取り組む姿勢が出来てくるものだが

いつまで経っても遊び半分の人達もいる。

子供の場合には真剣に学ぶ姿勢を
身に付けさせるために厳しく指導する道場もあるが
同じ道場へ通っている大人達には
「大人だったらいちいち言わなくても
 周りを見て学ぶようにするのが普通だろ」 であったり、

「いちいち説教されないと  
 成長しない人間は言うだけ無駄だろう」
などの理由で
ほったらかしの場合もある。

何でもかんでも厳しくする必要はないが
大人こそ甘えた考えで遊び感覚で道場へ来る人間を
厳しく指導する必要があると思う。

私自身も子供の頃から武術や武道をやっていて
厳しい道場が多くそれが当たり前だと思っていたし
武術や武道の性質上、それは必要な事だと
今でも思っている。

一番問題だと思うのが
真剣に稽古へ取り組んで身に付けている武が
遊び半分でやっている人間達がやっている武と
同じだと勘違いされることだ。

稽古に対する多少の温度差はあっても
稽古へ参加する時には真剣な気持ちで
参加すべきだろう。

本当の武を学ぶ人たちの邪魔を
遊び半分で武の真似事をしている人間が
邪魔をしてはいけないし

武に真面目に取り組んでいる人間達は
遊び半分で参加している人達を
当たり前だが不愉快に思っているし嫌っている。

普通に稽古へ真剣に向き合いながら
修行すれば良いだけなのに
そんなことすら出来ない人間が
道場で他の人達へ話しかけたりして
稽古の邪魔をしている所を見ると
このままだと武を学ぶ場所が
単なる遊び場になってしまいそうだ。

やっぱりどの道場でも今の子供の世代へ
子供の頃からきちんと稽古へ向きあう姿勢を
伝えていく必要があると

遊び半分で 武の稽古へ参加している
堕落している人達を見ていると
つくづく思う。

まあ私は真面目に稽古へ取り組まない人間とは
コミュニケーションを取らないが・・・。

その分、年齢・性別・国籍問わず
真面目に真剣に稽古へ取り組んでいる人の
成長のためには協力するけどね(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)