武術や武道をやっていても病院でも素直に痛みを伝えよう(^-^;)

最近、入院続きで
数年前に遭った交通事故の時の事を
思い出したのでちょっと書いてみようと思う。

その時、冷静に自分が戦えるかどうか
自分の身体を確認している自分がいた。

以前、バイクで走っている時に
自動車に大型幹線道路でぶつけられ
転倒して救急車で運ばれた。

ただ事故の際には意外と冷静だった。

転倒し地面に叩きつけられる際に
衝撃を冷静に吸収し、ケガを最小限にするようにした。

それでも手肘膝脛足の甲が傷だらけで
肉もえぐれている状態でかなりの傷を負った。

その事故に遭った際、
道路に倒れている時に考えた事は、
自分の身体の運動機能の確認。
「痛みはあるが動けるな」
「手の指は全て動くか、手首も動くな、  
 肘の痛いが何とか曲がる、  
 膝や足の甲も痛いが動かせるな」 と
自分の身体の状況を自分で確認しながら

「今でも何とか技を使えるな!」 などと
救急車が来るまで考えていた。  

いついかなる時でも自分の身を守って戦えるよう
思考が訓練されてしまっているようだ(^-^;)

実際のところ転倒の際、
派手に転倒したようで10人以上の人達が
集まってきてくれて

AED(自動体外式除細動器)を
持ってきてくれた人もいるぐらいで
腕や足も血だらけで横たわった状態になっていた。

(自分は冷静だったけど周りの人達は
 一生懸命助けてくれようとしてくれて
 今でもとても感謝している)

でも救急車が来るころには、
自分で立ちあがって救急車に乗った位で
アドレナリンが出ていたのか
病院について救急等口の処置室に
入る時には歩いて入った。

ただ医師や看護師には、
「そんな酷いケガで何で歩けるの?」 と
言われた位だから一般の人から見れば
かなりのケガだったと思う。

「一応、身体鍛えてるんで・・・」 と
冗談っぽく言っていたが
(実際、腕や足の肉もえぐれて  
 血だらけになっている位だから  
 かなり痛いけど(^-^;)

武術や武道をやっている人には
経験あると思うが

人前で簡単に
「苦しい」とか
「辛い」とか
「痛い」とか 口に出来ない。

入院した時もそうだったが
看護師さんから
「痛かったらいつでも言って下さいね」 と
言われていたが

「そう簡単に言えない・・・ギリギリまで我慢しよう」 と
なってしまっていた。

痛みが伴う検査がある時にも
「痛かったらすぐ言って下さいね」 と
言われても

「全然大丈夫です(実際痛いけど)」 と
答えて我慢してしまった。

でもそれだと的確に治療してもらえないし
ギリギリまで我慢すると悪化し過ぎて
回復にも時間がかかる事に気付いた。

武術や武道をやっている人は、
人前で簡単に弱音を吐けない人も多いと思うが
病院にいる時ぐらいは、素直に痛みなどを
伝える事が大切だと思うよ。

早く治療して稽古へ戻れるように(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)