先日の薬丸自顕流剣術の稽古。初めての相対稽古で気付いた事。

先日、薬丸自顕流剣術の稽古へ行ってきた。

今回は、相対稽古に参加させていただいた。

礼法から教えていただき
掛かり打ち(走りながら斬り込む)からの相対稽古や
抜き(抜きながら斬り込む)からの相対稽古が
行なわれ参加させてはいただいたが
改めて続け打ちや掛かり打ち、抜きが正しく出来ないと
相対稽古で正しく動けない事がよく分かった。

まだまだ続け打ちも掛かり打ちも抜きも
身体を作りながら技を練り上げていく必要があると思う。

今回、相対稽古へ参加させていただいて
いろいろと自分自身で修正していかないと
行けない部分が見えてきて良かった。

それに、やっぱり実戦を想定した
相手がいる相対稽古は面白い。

これからどんどん相対稽古に
入って行くかも知れないので

次回の稽古までに掛かり打ちの足捌きや
抜きの斬り込み方の自主練習をしておこうと思う。

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)