先日の剣道の稽古。初段の型稽古。

先日、剣道の稽古へ行ってきた。
前回から初段に向けた型稽古が始まった。

初段は、
試合形式の審査
日本剣道形の審査
筆記での審査
と審査内容が3種類あるとの事。

試合形式の審査は、
防具を付けて30秒間を二回
試合形式で自由で戦う審査で
剣道の基本が正しく出来ているかを審査され

日本剣道形の審査は
木刀で日本剣道形の
太刀の形七本の内の三本で

・お互いが上段に構えから始まる形(相上段)
・お互いが中段に構えから始まる形(相中段)
・お互いが下段に構えから始まる形(相下段)
が正しく出来ているかを審査され

筆記での審査は、
剣道の知識や心構えなどの問題が出題され
道具や技、心構えなどを
正しく理解出来ているかが
審査されるとの事。

剣道の知識・技術・心構えなど
身に付けるべき事が沢山あるので
とても楽しみ(^-^)

多くの先生や先輩方から教えを受け
最近、竹刀の扱いや踏み込みなど
剣道の身体操作も
段々出来るようになってきたので
面白くなってきた。

次回の稽古も楽しみだ(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)