先日の薬丸自顕流剣術の稽古。抜きと続け打ち。

先日、薬丸自顕流剣術の稽古へ行ってきた。

天気も良く少し汗を掻きながらの稽古になった。

今回は抜きと続け打ちについて
思ったことを書いてみようと思う。

薬丸自顕流の抜きは、
抜きながら斬る技だが
いろいろ試してみて低い姿勢でも高い姿勢でも
抜きながら斬り上げる事が出来る
合理的な技だという事に気付いた。

一般的な斬り上げの技とちょっと違う感じ。

今後は、速く鋭く正確に抜きが出来るよう稽古していこうと思う。

薬丸自顕流の続け打ちに
今回は重めの打ち棒で稽古する事にした。

その理由は軽過ぎると手打ちになってしまい
連続打ちをすると動きが
バラバラになりがちだからだ。
(実際バラバラになっていた)

だからといって重いと振りにくいが
正しい身体操作を行なわないと
連続打ちが出来ないので
やってみたら重い方が連続打ちしやすかった。

ただ楽しくて思いきって打ちまくってたら
段々打ち棒が割れてきたので
稽古の後半は少し控えめに打つようにした。

薬丸自顕流は、技が少ない。
シンプルだからこそ 探究する楽しみがある。
それが薬丸自顕流の楽しさなんだと思う(^-^)

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)