先日の戸山流居合の稽古。武術の共通理合と流派の独自理合。

先日、久々に戸山流居合の
稽古へ行ってきた。

刀に関しては、
・戸山流居合
・剣道
・薬丸自顕流剣術
と学んでいて

最初は、3つとも全く別の理合や
身体操作方法だと思っていたが
段々稽古が進むにつれて
理合や身体操作方法の
共通点がある事に気づいた。

居合の先生ともお話していて
刀で戦う以上、
合理的に刀を扱って戦ういう意味で
共通の理合や身体操作方法があるとの事。

確かにそうだ。

武術としての
共通の理合や身体操作方法と
流派としての
独自の理合や身体操作方法がある
というイメージ。

重心、手の位置、刀の振り方、
意識の置き方など
観察しながら稽古してみると
面白い(^-^)

刀の戦い方って奥が深いな~と
今日は一日楽しめて良かった(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)