引越で気付いた殆ど武具と道着。次の引っ越しは効率良く。

引越の荷物をまとめていて気付いたのが
殆ど武具と道着だと言う事。

本当に多かった。

刀、脇差、居合刀(大小)、木刀(大中小)、
自顕流用木刀、二天一流用木刀、
槍、薙刀、樫薙刀、なぎなた、杖、
六尺棒、エーク、サイ、トンファ、
ヌンチャク、琉球三節棍 手槍、
二丁鎌、万力鎖、カリスティックなど

武具は形的に梱包しにくいので
手間がかかる。
(長さ、大きさ、  
 重さ、形状などがバラバラ)

道着も
空手着、柔道着、剣道着、
日本拳法着、袴(黒、紺)、
居合衣、角帯、兵児帯、足袋、
なぎなた衣などで
同じ道着を複数使っている物もある。

道着は、結構かさばる上に重い。
防具もグローブ空手の物、
日本拳法の防具など
結構大きい上に重い。

なぎなた防具は道場に置いてあるので
運ぶ必要がなくて良かったが
(剣道と兼用で使う予定で置いてある)

防具もフルにあると
グローブ空手防具、日本拳法防具
剣道防具、なぎなた防具と
運ぶのが大変(^-^;)

武具用の袋や防具用の袋を
きちんと用意して
次回の引越の時には
効率良く運べるようにしようと
改めて思った。

ただそれ以外の
プラスチックケースやファイル、
服などの物に関しては、
かなり断捨離出来たので良かった。

でも武具や防具、道着は
やっぱり減らせない(^-^;)

引っ越したら
武術武道の物以外は
全てミニマリスト化していこうと
思う(^-^)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)