先日の剣道二刀流の稽古。 今まで以上に一刀も頑張ろう。

先日、剣道二刀流の稽古へ行ってきた。

始めての剣道二刀流の稽古。

知り合いの紹介で参加させて
いただけることになり
とても楽しみにしていた。

剣道一刀の稽古と剣道二刀流の稽古があり、
稽古以外にも練習試合も行なわれていたので
見学させていただいた。

社会人で団体優勝を
目指している剣道の人達の
試合を見せていただいたところ、

自分が最近やっている剣道の動きとは、
全然違う位の素早く鋭い動きで
本当に凄かった!

考えてみると社会人の剣道の
団体試合を実際に直接見るのは
始めてで鋭い打突の打ち方や
相手の竹刀の巧みな捌き方など
とても勉強になった。

剣道の一刀の方も御指導いただき
社会人で試合に出て戦う際に
どういう打ち込みをしないと
いけないかなどを教えていただいた。

剣道の二刀流に関しては
礼法から構え、打ち込みまで
教えていただき
自分が思っていた印象とは違い
(腕力が必要だと思っていたが違う)

合理的な理合に基づく身体操作で
腕力ではなく理合で打つ事が大切なようだ。

それに片手で正面の面を
真っすぐ正確に打つのは、
難しい。

自分では真っすぐに振っているつもりが
左右に微妙にづれてしまうことがある。

これは剣道の一刀もそうだけど
竹刀を毎回、真っすぐ正確に振るのは
かなり稽古が必要なんだと思う。

剣道の一刀と二刀流の試合も
見せていただいた。

内容は
一刀 対 一刀
一刀 対 二刀流
二刀流 対 二刀流
で、
とても貴重な試合を見せていただいた。

是非、やってみたかった剣道二刀流。

ただ改めて剣道で一刀で
正しく打突出来ることが
大切だということが分かった。

剣道の一刀を 今までちょっと
のんびり気味でやっていたが
考えを改め

本気で目一杯稽古しようと思う。

剣道二刀流の方は、
自主練習を重ねながら
また機会があれば
参加させていただきたいと思う(^-^)/


楽天 【DVD】実戦剣道 二刀の極意 正二刀・逆二刀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)