先日の天道流薙刀術の稽古。 稽古始め。気を引き締める。

先日、天道流薙刀術の稽古へ行ってきた。

今回、年明けの稽古始めだった。

近々行なわれる演武大会の
稽古が中心に行なわれた。

年末の稽古から3週間ぶりの稽古だったため、
私自身、技の細かい部分の
忘れている所があったので
稽古が始まる前に
気を引き締めて自主練習を行なった。

年末に先生から教えていただいた
薙刀術のコツをヒントに
足の向きや意識など変わる部分がいろいろあり

演武大会までに修正出来るよう
稽古が始まる前に必死に修正していた。

そうしている内に
宗家の先生が来られたので
稽古が始まり演武大会の
共同演武の稽古が始まった。

まだ自分自身で修正した部分が
安定して毎回同じ動作として
出来る訳ではないので
スムーズに出来たり
出来なかったりの繰り返しだった。

全体練習の後、自主練習の時に
何十回も繰り返しやっていたら
段々出来るようになってきた。

自分の中では
今まで稽古でやっていた動作から
大幅な修正になるため

今の演武大会直前に
修正するかどうかと少し考えたが
自主練習が出来る時間が
3時間ぐらいあり何とかなりそうなので

新しいやり方でスムーズに動けるよう
調整するようにした。

それにしても天道流に限らず
武術は奥が深い。

同じ技でも 最初は、
技の順番を覚えるだけが
技の順番を覚えたら

今度は、手の位置、
足の位置、身体の向きの修正、

それが出来るようになったが
身体の細かな動かし方など、
一つ分かっても
その先があり、
それが分かっても
またその先がある。

とても奥が深い。

だからこそ探究する楽しみがあり
とても面白い(^-^)

今回、 新たに先生から
課題をいただいたので
楽しみながら
探究していこうと思う(^-^)

今度の演武大会では
初めての人も一緒に共同演武をするので

皆さんがスムーズに
演武が出来る事をお祈りしながら
私自身も自宅で演武大会まで
自主練習しようと思う。(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)