砂糖の基本的な知識について

今日は砂糖の
基本的な知識について
書いてみようと思う。

砂糖を使う場合は黒砂糖かきび糖を使う。  
精製されていない砂糖は
微量栄養素が多いことで  
体にゆっくりと吸収され
体に負担が掛りにくいことで
体に良いと判断されている。

・精製されている砂糖は
体にすぐに取り込まれやすいことで  
体に急激な変化を起こすことで
体に悪いと判断されている

・精製されていない砂糖は、
黒砂糖、きび糖、和菓子で
使われることがある和三盆。
 
つまり  

▲ 精製されていない砂糖(黒砂糖、きび糖)  
X 精製されている砂糖(白砂糖)  

ただし精製されていない砂糖でも
減らしていく努力は必要。

■砂糖を選んで食べる。
▲精製されていない黒砂糖などは
 時々食べる程度にする。

・精製されていない砂糖は料理などに  
 少量入れて使う程度に食べる。
(黒糖、きび糖など)

X精製されている白砂糖などは食べない。

・血糖値を上げ高血糖症や糖尿病になる。

・シュガーハイなど依存症になる。
(食べなければイライラする等の問題が出てくる)

・脳の働きを悪くする。
(血液をどろどろにし流れを悪くする)
(甘い物が脳のエネルギーになるというのは嘘)

・血糖値が乱高下するため
 うつ病など精神病につながる。

つまり料理などで
精製されていない黒砂糖などを
使う程度でそれ以外には食べないのが基本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)