平成とともに「年賀状じまい」人付き合いも合理化へ。

今年で平成が終わるとの事で
高齢者を中心に 年賀状をやめる
「年賀状じまい」が増えてきているようだ。

平成とともに「年賀状じまい」 
終活背景、人付き合いもスリムに
(神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース


確かに年賀状だけの付き合いが
本当に必要かどうかが疑問なところはある。

日本の伝統的に行なわれてきた事が
終了することにも少し寂しい感じがする。

ただ大勢の人達への
形だけの人付き合いは
実際の所あまり必要ない。

少人数でも本当に仲の良い人達と
付き合いながら生きていく方が幸せだと思う。

おそらく年賀状自体を多くの人が
やめるのではなく

本当に年賀状を出したいくらい
大切な人を選んで付き合っていくために
「年賀状じまい」を行なうのだと思う。

メールや電話などでなく
葉書や手紙だからこそ
伝わるものがあると思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)