先日の薬丸自顕流剣術の稽古納め。最後はフルパワーで。

前回参加出来なかったので久々の稽古で楽しみにしていた。

今年最後の稽古とのことで
フルパワー(筋肉じゃないけど)で
打ちを行なっていると
段々と打ち棒の木の皮が捲れ削れてきた。
前回同じ打ち棒を使っていたが
その木は結局折れてしまった。

今回の打ち棒も近い内に折れる位、頑張ろうと思っている。
今回は、連続で打ち続ける続け打ちが何とか打てるようになってきた。

ただまだまだ動きが安定しないし、
振り上げた打ち棒の角度もバラバラになっているので
単打でも連打でも正確に打ちが出来るようにしようと思う。

それと掛かり打ちが足の置き方によって
安定するしないというのも分かってきた。

普段の稽古から自分の動きを
自分で正確に把握しないといけないと改めて思っている。

薬丸自顕流剣術の技は少ないが
合理的に破壊力を生みだす理合があるので探究していると
気付きの瞬間がとても楽しい。

来年の稽古始めまで一カ月位あるので
時々技の動作を自分なりにチェックしながら
稽古始めの日を楽しみに待とうと思う(^-^)

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)