看取りに接した看護師が伝える、逝く人からの最期の贈り物。考える事。

1000人の看取りに接した看護師が伝える、
看取る家族を幸せにした話しの記事を見つけた。

1000人の看取りに接した看護師が伝える、
看取る家族を幸せにした、逝く人から
の最期の贈り物とは(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース


私自身、知り合いが亡くなった時
いろいろ考える事があった。

それまでは自分が亡くなった時の事は
あまり考えなかったが
いろいろ考えた結論が

「後悔を残さないように生きていくこと!」
「一日一日を大切に生きていくこと!」

生きていると様々なしがらみで
思い切って行動出来ない事がある。

でもそんな時には、
自分が亡くなる時に
「あれをやっておけば良かった。」とか
「ああすれば良かった。」など
あとで後悔することと
思い切って行動するかどうかとを
天秤に掛けて考える事にしている。

誰でもそうだと思うが
後悔しながら亡くなるより

自分の人生を支えてくれた多くの人達へ
「ありがとう!」
という思いで亡くなる方が
安らかに旅立つことが出来ると思う。

あなたも前向きに生きて 後悔のない人生を(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)