先日のなぎなたの稽古。仕掛け応じの動作を洗練させる。

先日のなぎなたの稽古へ行ってきた。

今回、普段の先生がお休みとのことで
別の所から先生が来られることになった。

普段の体力作りの後、

基本の打ちの稽古を行ない
その後なぎなたの仕掛け応じ
(二人一組で行なう型稽古)が始まった。

天道流もそうだが
なぎなたも基本、真っすぐ進んで真っすぐ戻る。

これが中々やりにくい。

なぎなたは、真横を向いているので
前後の動きの時に足の使い方が慣れていないと
左右にぶれやすく動作が相手がいる場合、

相手の動きに合わせにくくなる。

今回は、その辺りを気をつけながら
稽古したので段々自分で納得出来るぐらい
真っすぐ前に進んだり真っすぐ後ろへ下がったり
出来るようになってきた。

あとは振り返し面
(頭の上でなぎなたを縦に回転させて面を打つ)が
まだスムーズではないので練習が必要だ。

それと打ち込みが打ち込みによって
剣道のように跳ねているとの指摘があったので

それは、おそらくなぎなたでの
防具への打ち込みの感覚がまだ戻っていないので

打ち込み台で数回打ち込めば修正可能だろうから
次回なぎなたの稽古の前に打ち込み台で
感覚を戻しておこうと思う。

去年の交通事故で身体のバランスが
一旦崩れているが段々感覚が甦ってきているので
あとは稽古量を増やして
さらに加速的に様々な武術や
武道の身体動作が行なえる身体へ
戻していこうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)