先日のなぎなたの稽古。事前練習無しでいきなり仕掛け応じ?!

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

通常は、柔軟運動や
子供達向けの筋力&体力トレーニング
(大人も参加するけど)
基本の稽古から始まり打ち返しや仕掛けを稽古するが

今回は、指導員の方の考えで
いきなり
「今から皆の前で順番に仕掛け応じを行ないます!」
ということになった。

「え!事前練習無しなの?」と思ったが

そのまま始まったので順番を待つ事になった。

頭の中で自分が行う仕かけ応じの動作の順を
シュミレーションしながら

順番を待つ間も
ただ待っているだけでなく
仕掛け応じをしている人を観察して

良い所を改善する所を
一人一人言っていくのだが
最後の方に言う人は、
段々言う事が無くなってくるので

何を言えば良いのか困ることもあった。

ただ子供達は何年も
なぎなたをやっているベテランなので
良く観察して適切な意見を言っていた。

観察して分析して
改善点を自分の言葉で話す。

「今時の子供達は、しっかりしているな。」

と感心しながら見ていると自分の番が回ってきた。

こういう場面では大体緊張するのだが
今回は少し落ち着いて演武が出来た。

仕掛け応じを順に行ない、終わった後に
皆から一人一人、良かった所を改善点を言われ、
自分の番が終わったので

あとは、ゆっくり稽古しようと
ほっとして少し落ち着いていたら

「それではもう一回やります!」

と、もう一度始まった。

今度は仕掛け応じ交代で行なうので
他の人の仕掛け応じを見ながら
頭の中で自分が行なう動作を
シュミレーションしつつ自分の番を待っていた。

今度も緊張感半分と落ち着き半分で
一応仕掛け応じが終了した。

仕掛け応じは二人で行なうが
それを周り全員に見られながら
行なう機会が殆どなかったので
「演武大会などで
 相対演武を行なう時は
 こんな感覚なんだろうな~」と

ちょっと雰囲気を味わえて良かった。

来年は演武大会や試合などに出る予定なので
緊張しつつもとても楽しみにしている。

仕掛け応じも
結構、いろんな意味で奥が深いので
探究して行こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)