先日のなぎなたの稽古。なぎなた一級に向けた稽古。

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

何人かがなぎなた一級の審査受けをするとのことで
それに向けた稽古になった。

都道府県によって多少違うのかも知れないが

・構え
・上下振り
・打突(面、脛、胴)
・仕掛け応じ(1本目~5本目)
・打ち返し
のようで稽古が始まった。

まず八方振りを行ないその後、

構え
(中段の構え、八相の構え、下段の構え、脇構え)

上下振り
(縦に上から下までなぎなたを振る)

打突
(指導者が号令を掛け全体で面、脛、胴を打つ動作)

仕掛け応じ
(相対で技の組み合わせを行なう型稽古)

打ち返し
(正面→右側面→左側面→右脛
 →左脛→正面の順に打つ動作)

を行なった。

一級の審査受けをする人を
皆で鍛える感じで稽古が進み
その日の稽古が終了した。

個人的には
八相の構えの腰の手の位置の修正
打突する際の足の向きの修正
仕掛け応じの突きの際の手の握りの修正
前後の動きは必ず真っすぐに動けるように修正
を行なった。

段々なぎなたの動きが
出来る身体に戻ってきていて
動きやすくなってきている。

先生方に
正確になぎなたの動作が出来るよう
厳しく細かいところまでチェックしていただき
修正していただいているので

毎回、先生方にはとても感謝している。

次回の稽古も楽しみだ(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)