先日のなぎなたの稽古。演技競技の仕掛け応じが中心。

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

最近は、なぎなたの大会で行われる
演技競技の「仕掛け応じ」が中心の稽古。

仕掛け応じというのはこんな感じ。

BUDO なぎなた 其二 NAGINATA しかけ応じ 1−5

仕掛け応じを観察しながら
相手を変えて稽古してみると
いろいろ分かることがある。

人によって身長も違うし歩幅も違う、
積極的に前に出る人もいれば
消極的であまり前に出ない人もある。

相手が変わる事によって
その都度状態が変わるので
相手の動きを観察しながら稽古する事になるが
これが結構面白い。

自分がいつも同じように動くだけでは通用しない。

相手の出方によって柔軟に対応していく。

先生が
「出来るだけ相手を変えて
 稽古するように!」
と指導されているがどんな相手でも観察しながら
対応出来るようになるためなのだと思う。

これは、なぎなたに限ったことでなく

何事に対しても出来るだけ
多くの人を相手に場数を踏んで
いろんな経験値を積んで

成長につなげることに通ずるのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)