先日、薬丸自顕流剣術の稽古。中々行けず久々に。

先日、薬丸自顕微流剣術の稽古へ行った。

中々時間的に行けなかったので久々で楽しみにしていた。

思いっきり打てるが腕と足の動かし方が連携できず
バラバラになっているところを先輩に指摘された。

薬丸自顕微流剣術は、技が少ない。

右袈裟、左袈裟、抜きの3つしかない。

たったその3つの技に深い理合があり
その理合を理解し使えなければ、

いくら強く打ててても
自顕微流の打ちにならないし
本当の破壊力は生み出せない。

それに掛かりといって
走りながら斬り込んでいく
稽古の時も手足の連携が上手くいかないと
ただの手打ちになってしまう。

今回は、
新しく稽古で気を付けないポイントを
教えていただいたので
次回の稽古へ繋げていこうと思う。

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)