先日のなぎなたの稽古。段々正しい動きへ戻る。

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

なぎなたには「仕掛け応じ」と
言って形稽古がある。

相対で行なう稽古で
仕掛け側が攻撃側で応じ側が防御側になる。

最初の内は順番も忘れていて
順を追うのがやっとだったが

最初の頃よりは身体がスムーズに
動くようになってきていて
段々感覚が戻ってきている感じだ。

それと独りで行なう稽古には
影響なかったが

相対で行なう稽古は自分自身の
戦いの意識が強過ぎる心理状態の
コントロールが

まだ上手く出来ていなかったので
それも調整が出来てきていて
良い感じで相対稽古が進むようになった。

あともう少しで相対稽古で
自分自身で心理状態的にも
技術的にもコントロール出来
スムーズに行なえそうだ。

そうなったら久々に防具を付けて
なぎなたで地稽古をやってみたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)