大人の努力と子供の努力は違う。結果が出ないのは工夫が足りない。

大人がすべき努力と子供がすべき努力は違う。

大人になってもそれを勘違いしている人がいる。

子供の時は、努力すること自体を身に付ける必要がある。

だから結果がどうであれ努力すること自体を
応援することが大切になる。

だが大人の場合は違う。

努力することが当たり前で
その上で結果を出すことが求められる。

それにも関わらず
「とにかく、頑張っているから認めてほしい」とか
「頑張っているのに認めてもらえない」とか
それは大人の社会では通用しない。

大人の社会で結果を出している人は、
努力するという前提で結果が出るように常に工夫しながら
物事に取り組んでいる。

ただ頑張るだけでは中々結果が出ない場合も多い。

だから大人になって頑張っているけど
中々結果が出せない人は、ただ努力だけでなく

工夫しながら努力する必要がある事に気付くことが大切。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)