先日のなぎなたの稽古。改めて基本振りと仕掛け応じ。

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

今、自分の中で強化したいのは
なぎなたの理合で正確になぎなたを扱えるようになること。

今まである程度は出来ていたが
細かなところまで先生方にチェックしていただくと
正すところが多々ある。

なぎなたを持っての移動の際に両手で持つ時と
片手で持つ時、その持ち変えるタイミングであったり、

振り返し面の時の手の通わせ方だったり、

スネ打ちの時のなぎなたの角度であったり、

胴打ちの斬り上げる角度だったり、

相手に対して構える時のなぎなたの動かし方や
身体の動かし方のタイミングであったり、

相手と構えた際に間合いを合わせるのに
どちらの足をどのように動かすであったり、

いつも言われるが「惜しい!あと一歩!」と。

先生方のおかげで
なぎなたの動作が洗練されていっているようだが
自分自身では納得いくほど動けていない。

今回も沢山のことが勉強になった。

基本の部分でもいままで知らなくて
今回分かった事もある。

今年中には、基本振りも仕掛け応じも
自分で納得いくぐらい出来るようになり
来年は防具を付けての
試合に向けた稽古に入りたいと思う(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)