先日のなぎなたの稽古。持ち方の大切さと的確なアドバイス。

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

最近、仕掛け応じの機会が増え
段々順番位は思いだしてきた。

仕掛ける側も応じの側も。

ただ細かな部分で雑になっている所があるので
スムーズに動けていない時がある。

微妙なところだが自分では気付きにくい。

それになぎなたは身体に付けた状態で扱うので
特にそれを意識しないと
すぐに身体から離した状態で使ってしまう。

それとなぎなたは、持ち方が大切。

片手で持つ時、両手で持つ時、構えて持つ時、
なぎなたを振った時の持ち方、持ち変えの時など
結構特殊なところがあるのでコツを掴んでおく必要があるようで
先生に教えていただいた。

さすが子供の頃からなぎなた歴、何十年の先生方は
様々なコツを経験上、身に付けておられるようで

自分自身が「これなんで出来ないんだろう?」と
疑問に思った事を先生に聞くと
「それはこういう理由で出来ないからこうすると出来る」と
アドバイスを受けそれをするとすぐに出来るようになる。

とても的確。

人間は自分の動きを完全に把握して動作するのは
とても難しい。

人から見ればすぐに気付くことでも自分の動作になると
自分で見えないので気付きにくいところがある。

先生のアドバイスは
素直に受け止めて
どんどん成長していこうと思う(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)