先日のなぎなたの稽古。足の向きと目線の修正。

先日、なぎなたの稽古へ行ってきた。

今回のテーマは、足の向きと目線の修正。

足の向きは基本的に相手の方向へ向けるが
向け過ぎると身体が正面へ向きやすくなるので
微妙な調整が必要。

なぎなたの動作は基本、
正面か真横かのいずれかを向く。

どちらにしても相手に前足の足先を向ける。

何とか修正出来た。

次は目線の修正。
目線は、打突部位を見て打突するのではなく
相手全体を見て打突する。

スネは目線が下がりやすいので
目線を下げずにスネ打ちが出来るように稽古した。

段々修正出来るようになった。

以前、なぎなたの先生に
「稽古の時には自分なりのテーマを持って
 稽古に参加するように」
と言われた。

最近は、毎回テーマを持って
稽古へ参加するようにしている。

ただ言われた事をそのまま稽古しているだけでなく
自分なりのテーマを持って稽古へ参加する方が
確かに上達の効果がありそうだ。

今後は全ての稽古にテーマを持って参加しようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)