先日の剣道の稽古。打ち返し稽古と腰の位置や姿勢の大切さ。

先日、剣道の稽古へ行った。

今回は、切り返しの稽古を中心に行なわれた。

切り返しは左右面の繰り返しで行なう稽古方法。

切り返しは、前に4回左右の面を打ちながら進み
続いて後ろへ5回左右の面を打ちながら下がり
最後に正面の面を打つ、それを2回繰り返す。

左右だと竹刀を横から振ってしまいがちだが
正面の面に近い位、ほんの少し左右に動かす程度で
縦に振るぐらいで稽古する。

まだ正面の面も連続で振っていると若干ぶれる位なので
左右面の連続をしていると余計にぶれてしまう。

竹刀は刀や木刀と違い
持ち手が丸いので正確に縦に振るのは
かなりの稽古が必要なようだ。

身体へ動作を沁み込ませるよう普段から
竹刀を振るようにしよう。

今回も防具を付けている先輩に切り返しで
打ち込みをさせていただいた。

特に腰の位置や姿勢の大切さを教えていただいた。

技が増え身体を動かせは動かすほど
少年剣道の頃の感覚が戻ってくるようで
楽しい(^-^)

早く試合に出られるよう頑張っていこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)