先日のなぎなたの稽古。打ち込み稽古と仕掛け応じ。

先日、なぎなたの稽古へ行った。

いつものように30分位の体力トレーニング
(筋トレや走りまわるため結構、息が切れる。(^-^;)

その後、体捌きを何十分か行ない。

防具の相手に打ち返しの稽古。

その後は、班が分かれ
私の班は打ち込み台での打ち込み稽古か
相手を見つけて仕掛け応じの稽古。

BUDO なぎなた 其二 NAGINATA しかけ応じ 1−5

今日は、人数が半端だったので私は打ち込み台で
正確に打ち込めるよう稽古していたが

先輩が仕掛け応じの相手を
していただけるとのことで
相手をしていただいた。

まず最初のなぎなたを前に構えるところから
指摘される。

最初は、なぎなたを縦に持ち前に倒しながら構えるのだが
まだ多少なぎなたがぶれるのでそこを指摘。

それがスムーズに行くと今度は、足の位置の指摘。

なぎなたは、基本一直線上に動くため足を動かす位置が
正しくないと必要の無い左右の動きが出来てしまう。

その後は、手の位置、後ろへの下がる量と前に進む量の指摘。

最後は、かなりスムーズに出来るようになった。

「これを後、何十回も繰り返すと
 正しい動作が身体に沁み込みそう(^-^)」と
思っていると稽古の終了。

稽古の日は、自主練習2時間と
なぎなたの稽古2時間で合計4時間稽古しているが

私には本当に全然足りない。

別の道場や教室での稽古も
考える必要があるな~と感じているところ。

来年のなぎなたの試合に向けて
通う道場や教室を増やしていこうと思う(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)