先日の薬丸自顕流剣術の稽古。掛かりを中心に。

先日、薬丸自顕流剣術の稽古に行った。

最近、天気が悪かったが
稽古当日は久々快晴で暑かった。

掛かり(走っていって打ち込む)は
今回で2回目、周りの人の話では

1回目よりは上手く掛かりが
出来ている回数が増えているとのことで
少しは成長しているようだ。

自分では、まだ出来たという実感を感じることが
少ない。

走り込む時や打ち込む時の
身体のバランスの取り方だったり

足を正しく動かせるように意識すると
腕の動きがおろそかになり打ちが上手く出来なかったりする。

両方が一致して上手く動けた時には
綺麗に動きが収まるが

毎回正しい動作で動けるようになるまでには
もっと稽古を頑張る必要があると思っている。

今回、最後に抜きから長木刀への打ちを行なった。

初めてだったのでスムーズに出来た時と
出来なかった時があったがとても面白かった。

私が薬丸自顕流剣術に魅力を感じている所は
走りながらの打ちがある事。

打ち棒を持って走るのは、とても走りにくい。

でも難しいからこそ面白い。

何事も簡単過ぎると飽きてしまい面白くない。

薬丸自顕流は、
技が少なく飽きてやめてしまう人もいるが
私には、少ない技の中に大切な理合が
沢山隠されていると思っているので
とても面白い。

その内、演武に出る事になりそうなので
普段から稽古を怠らないように頑張ろうと思う。

DVD

DVD

書籍

電子書籍

書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)