先日の剣道の稽古。剣道の理合。極めて論理的で合理的。

先日、剣道の稽古へ行ってきた。

今回は、3人の先生に踏み込みの事や
打ち込みのやり方を教えていただいた。

子供の頃は、
ただひたすら竹刀を振っていたような気がしていたが

竹刀の振り方、踏み込み、打ち込み方、
力の入れ方抜き方、重心のバランスの配分など
とても合理的な理合があることが分かった。

あまり考え過ぎても動けなくなるが
きちんとした理合があり、
それによって身体動作を行なう事で
相手より早く強い打ち込みが出来ることが分かり
良い先生方に出会えて良かったと思っている。

私が最近になって剣道を始めたのは、
試合に出る事、剣道二刀流が出来るようになる事が理由で

まずは基本を徹底的に身に付け
一刀で試合で勝てるようになる事を目指し
次の段階で剣道二刀流が出来る事を目指していこうと思う。

今回は、最後に二段打ちの稽古をさせていただいた。

防具の重さになれる意味で胴と垂れを付け
人相手の小手→面の
二段打ちの打ち込み稽古をさせていただき
段々感覚が戻ってきている感じがしていてとても楽しかった。

次回の稽古も頑張ろうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)